カテゴリーからさがす

お悩みからさがす

  • 現在のランク
  • お使いいただけるポイント0pt
  • 年間獲得ポイント0pt
ログアウト

9/29まで 10000円(税込)以上の購入で美容ドリンク3本セットプレゼント 6480円(税込)以上で送料無料

458
0
うるおい+浄菌もできる ハンドミルクトリートメント(320g)
https://e-makanai.com/products/detail.php?product_id=458
手を洗うのに適したハンドミルクトリートメント。 お肌の汚れを落とし、うるおいを保つトリートメント成分 (グルコシルセラミド、カキ葉エキス、加水分解卵殻膜、ハトムギ種子エキス)を配合。 合成界面活性剤、合成酸化防止剤、防腐剤、鉱物油、着色料は使用していません。 従来のせっけん類による手洗いとは明らかに違う 「手肌を守り、手肌を変える」ためのハンドミルクトリートメントです。 爽やかな薄荷レモンの香り。
https://e-makanai.com/upload/save_image/04031712_5ac337884406e.jpg
2800
手を洗うのに適したハンドミルクトリートメント。 お肌の汚れを落とし、うるおいを保つトリートメント成分 (グルコシルセラミド、カキ葉エキス、加水分解卵殻膜、ハトムギ種子エキス)を配合。 合成界面活性剤、合成酸化防止剤、防腐剤、鉱物油、着色料は使用していません。 従来のせっけん類による手洗いとは明らかに違う 「手肌を守り、手肌を変える」ためのハンドミルクトリートメントです。 爽やかな薄荷レモンの香り。
10
うるおい+浄菌もできる ハンドミルクトリートメント(320g)
うるおい+浄菌もできる ハンドミルクトリートメント(320g)
うるおい+浄菌もできる ハンドミルクトリートメント(320g)
うるおい+浄菌もできる ハンドミルクトリートメント(320g)

うるおい+浄菌もできる ハンドミルクトリートメント(320g)

内容量:320g

獲得ポイント : 0 ポイント

3,024 (税込)

数量

スタッフコメント

お客様の声におこたえして大容量320gになりました! ハンドミルクトリートメントで手を洗った後は、手肌の保湿を支える「絶妙レシピのハンドクリーム」がおすすめです。

うるおいを保つトリートメント成分がたっぷり配合されたハンドミルクトリートメントです。

手を洗うのに適したハンドミルクトリートメント。
お肌の汚れを落とし、うるおいを保つトリートメント成分
(グルコシルセラミド、カキ葉エキス、加水分解卵殻膜、ハトムギ種子エキス)を配合。

合成界面活性剤、合成酸化防止剤、防腐剤、鉱物油、着色料は使用していません。


従来のせっけん類による手洗いとは明らかに違う
「手肌を守り、手肌を変える」ためのハンドミルクトリートメントです。

爽やかな薄荷レモンの香り。

使用方法

使用方法 ①手のひらに1~2プッシュをとり、なじませてから、お湯または水で洗い流します。
※乳化タイプなので泡立ちません。
②なめらかな感触から“少しキュッと止まり感”に変わるのが、しっかりと浄菌・保湿できたサイン。
乾いたタオルで手を拭いてください。
ご注意 ○お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
お肌に合わない場合はご使用を中止してください。
万一目に入った場合はこすらずに十分洗い流してください。
○天然成分を使用しているので時間の経過とともに匂いや色が強くなることがあります。
○極端に高温、低温を避けて、日のあたらない涼しい場所に保管してください。
○使用中、赤み、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみなどの異常が現れた場合、
使用を中止し専門医にご相談することをおすすめします。

全成分/素材

  • 水 基材
  • ハイブリッドヒマワリ油 ・・・<エモリエント成分>人間の皮脂の主成分であるオレイン酸を多く含んだヒマワリ油。
    保湿力が高く、皮脂になじみやすい。
  • グリセリン・・・・<保湿>油脂のけん化分解で得られる。皮膚に潤いとしっとり感を与える。
  • カリ石ケン素地・・・<乳化>油と水を乳化させる
  • ホホバ種子油 ・・・・<エモリエント成分>ホホバの種子から抽出したオイル。
    肌からの水分蒸発を防ぎます。
  • ヘクトライト・・・<乳化安定化>天然の粘土鉱物。
  • グルコシルセラミド・・・・<保湿 >グルコースにセラミドが結合したスフィンゴ糖脂質の一種。
  • カキ葉エキス(柿ポリフェノール)・・・ポリフェノールの一種で、「タンニン」が豊富です。
    手肌表面にある角質の密着を促す効果が期待できます。抽出方法は、エタノールを使用しています。
  • 加水分解卵殻膜エキス・・・<保湿 >保湿効果が高く、角質層に含まれている天然保湿成分であるアミノ酸類を含む。
    鶏卵殻膜から得られた卵殻膜ケラチンでコラーゲンを増やす働きを助けます。
  • ハトムギ種子エキス・・・・ハトムギの種皮を除いた種子から得たエキス。手肌の保湿を支える成分として配合しています。
  • セイヨウハッカ葉エキス・・・<抗菌>シソ科植物ペパーミントの葉から抽出されるエキス。
  • ハッカ葉油・・・<着香>
  • レモングラス油・・・<着香>
  • ラベンダー油・・・<着香>
  • ベヘニルアルコール・・・・<乳化安定化 >ナタネ油から取れる脂肪族アルコール。
    乳化安定性に優れ、乳化助剤として使われる。
  • ステアリン酸・・・ <乳化安定化>
  • α-グルガン
  • キサンタンガム・・・<増粘>デンプンから作られる多糖類。ガムや飲み物などの加工食品に含まれる成分。乳化の安定性を高めたり、感触の改良の目的で配合されています。
  • グアーガム ・・・<増粘>グアー豆の胚乳部から得られる水溶性の多糖類。
  • エタノール ・・・<エキスの抽出>
  • クエン酸

お客様の声

  • しっとりすべすべ~

    しっとりすべすべの洗い上がりが気に入っています。家事の前にも使えるのが嬉しいです。

    あんころもち さん

  • ミルク状のハンドソープ

    アトピーで掌が1番ひどいので、高い保湿が必要。
    ミルク状のハンドソープは、他のお店では見かけない。

    ゆっち さん

  • 毎朝、つるつる!

    毎朝、つるつるおててになるのがとても楽しみで、早起きになりました!

    ぽん さん

  • うるおう!

    うるおいがいつまでも続く感じです。

    ゆみみ さん

  • 冬の手荒れの必需品です

    特に冬は手荒れが酷くて、お店の人に進められて購入してから毎回使ってます

    みぃ さん

  • 手を保護してくれるミルク

    汚れを落とすだけでなく、手肌も守ってくれる感じが気に入っています。外出後や寝る前の手洗いに使っています。

    mimi さん

もっと見る

よくある質問

Q ハンドソープとはどう違うのですか?
ハンドソープは、浄菌洗浄を目的としているので、洗い上がりは汚れは落ちていますが、その分手肌がかさつきます。
それにたいして、このハンドミルククレンジングは、汚れを落とすと同時に手肌の保護力を高めるので、 これで手を洗ったあと、しばらくたってせっけんやハンドソープで手を洗っても手肌にベールがかかったようにかさつくことはほとんどありません。

Q 泡立たないので手の汚れが落ちていないような気がしますが・・・。
手の汚れには油溶性の汚れ(油汚れ)と水溶性の汚れ(水汚れ)があります。
それらの汚れを落とす方法は界面活性剤を使う方法とオイルや水に溶かして落とす方法があります。
界面活性剤の代表である固形石ケンの石ケンは油汚れを包んで水に溶かして落とします。
また油汚れは、乳液などの乳化されたオイルの中に溶かして落とすこともできます。
水に溶ける汚れは洗い流す時の水に溶けて落ちます。
一般に石ケン成分で落とす商品の多くは使用中に石ケン水による泡が立ちますが、 乳化されたオイルで落とす商品の場合には石ケン水になっていないので泡がそんなにたちません。
市場には石ケン成分で落とす商品が大多数なので、多くの方は泡立ちの良い製品を汚れ落ちの良い商品と思っています。
しかし界面活性剤の種類によっては泡立たずに汚れをよく落とす成分もありますし、 乳化タイプのクレンジング商品は泡立たずに汚れをよく落とすものも多いのです。
肌への負担が少ないと言うより肌への保護効果が高まるトリートメント性が高いということが特長です。

Q どんな人におすすめな商品ですか?
手肌の荒れを気にされている方や、手肌を常に美しく保ちたい方にオススメです。
職業でいえば、看護士さんや介護士さん、美容師さん、料理を作っている方など、手をよく洗う方に最適です。
また、洗いものをする主婦の方にもおすすめです。

Q まかないこすめ商品に入っている石けん素地について具体的に何が入っていますか?
パーム油(脂肪酸カリウム)を原料に苛性カリを配合し、カリ石けん素地にしています。
固形石鹸や粉石けんの原料としては、配合量の差はありますが水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)等の アルカリ剤が含まれています。(酸性である汚れを取り除くためです)

Q どのくらい保存できますか?
未開封で3年間、保存できます。高温・直射日光を避けて、常温で保管してください。

Q 「カリ石ケン素地」とは何ですか?どのような役目があるのですか?
「カリ石ケン素地」とは脂肪酸カリウムのことで、食品添加物の分散助剤としても利用されています。 (油脂と岩塩から採れる水酸化カリウムの反応で作られています) 実際の食品の成分表示には出てきませんが、マーガリンやショートニング、植物性クリームの中に含まれています。 胃酸で脂肪酸(油)とカリウムに分解されるので、体内に入っても害はありません。
カリ石ケン素地を使う目的は、油と水の「乳化のため」です。

Q 天然界面活性剤と合成界面活性剤は違うのですか?
水と油の境界面(専門的には界面と呼ぶ)を活性化(混ざりやすくする)させ、 油汚れをとる洗浄剤やクリームのように油分を乳化させる成分を界面活性剤といいます。
自然界の動植物を原料としてつくった天然界面活性剤と、石油などから合成して作られた合成界面活性剤があります。
どちらも現在では安全性の高いものが選ばれて使われていますが、天然由来で安全性の高い天然界面活性剤を選んでいます。
また、洗浄後は水で中和され、浄化もされる為、安全で環境にもやさしいのです。

Q ハイブリッドヒマワリ油のハイブリッドとは何ですか?
ハイブリッドは品種改良の意味です。 遺伝子組み換えの意味ではなく、種の交配のみになります。
品種改良によって、オレイン酸を80%以上も含み、とても安定性の高い(酸化しにくい)、高品質な油です。
オレイン酸や不飽和脂肪酸はもちろん、ビタミンも含んでいます。
「ハイブリッド」は別名「ハイオレック」(オレイン酸が多い)とも呼ばれています。

Q 卵アレルギーなのですが「加水分解卵殻膜」の成分が心配です。
「絶妙レシピのハンドクリーム」には鶏卵の薄皮のエキスは入っていますが、 卵そのもののエキスは入っていませんので、卵アレルギーの方に影響はほとんどありません。
※卵にかかわるものはすべて怖いという方もいらっしゃるので、そういう方は精神的なものが大きいので無理におすすめしません。

Q 柿葉エキスが入っていますが、消臭効果はありますか?
柿渋に含まれるカテキンはポリフェノールの類で消臭を期待できますが、 絶妙レシピのハンドミルククレンジングでは具体的なデータはとっていません。
一般論として、柿渋に含まれるカテキンは消臭効果があります。

Q コンタクトレンズを使用しているのですが、ハンドクレンジングを使用後にコンタクトレンズを装着する(触れる)ことで、うるおい成分が移ったり、目に影響が出ることはありますか?
うるおい保護効果のために配合している油膜成分が、コンタクトレンズに移り、 装着時、目の中に入ってしまうことは十分考えられます。
また、目の中に雑菌がある場合、この油膜成分(油分)が雑菌のエサとなり、増殖させることも十分考えられます。
コンタクトレンズの装着を含める朝の支度の後、お出かけの直前にお使い下さい。

Q 職業柄、アルコール消毒を頻繁にするのですが、ハンドミルククレンジングを使用した後に アルコール消毒をしてもハンドグローブ効果が薄れることはないでしょうか?
アルコール消毒については、大きく分けて2種類あります。
【1】スプレーで消毒液を吹き、“もみ込む”
【2】消毒液に手をつけた後に“ふき取る”

【1】の場合は、保湿成分が残ります。 また、アルコール消毒はエタノールなどが蒸発する際に、水分も一緒に蒸発するため、 水で手を洗うよりは、手肌の潤いが失われがちです。
頻繁に消毒をするようであれば、ハンドミルククレンジングを先にお使いいただいた方が手肌の潤いは失われにくくなります。
尚、【2】は保湿成分も一緒にふき取られるため、その分効果は低減します。

関連商品